二日酔いで動けないときは出張マッサージ

私は普段から軽い腰痛持ちで、自宅でストレッチをしたり腹筋や背筋を鍛えたりして腰痛悪化の予防をしています。おかげで腰痛がさらに悪化するということはなく、坐骨神経痛やぎっくり腰などのひどい症状が出たことはありません。
しかし会社の飲み会や気の合う地元の同級生たちとお酒を飲みすぎると、肝臓の裏の肝兪の辺りがカンカンに張ってしまい、それに伴い右腰から肩甲骨周辺の筋肉が硬直してしまいます。このようになってしまったときは少しぐらいのストレッチではどうにもなりませんので、出張マッサージを自宅に呼んで二日酔いのときに効果がありそうな施術をしてもらっています。
出張マッサージのセラピストさんは毎回同じ人に来てもらっているので、私がだいたいどのような状態で呼んだのか既にある程度把握してくれています。施術が始まると早速肝兪を長めに指圧してくれ、さらにそれを何回も繰り返してくれます。こうしてくれるだけでも肝臓の張りがほぐれていくような感覚になり、肝兪周辺の硬直していた筋肉も同時にほぐれて、圧迫されていた毛細血管が緩んでいくのが分かります。血流が良くなり右半身全体に血液が流れだすと、右の肩甲骨から背中全体にかけてもポカポカしてきます。
このように毎回同じセラピストさんにお願いしていると、電話をかけて一言、「二日酔いで。。」と告げるだけで私の状態に合わせて施術をしてくれるのでとても助かります。また何回も施術をしてもらっている内に、セラピストさんの中でも私の体の攻略方法が出来上がっていっているようで、受ける度にスッキリ度が増しているような感じがします。

ホームに戻る