温めた椿油でオイルマッサージ

乾燥にもオイリー肌にも馴染むのが、椿油。
まずは、メイク落としから。
手のひらで温めた椿油をかおぜんたいになじませます。小鼻の周りは、指の腹を使って優しくマッサージ。アイメイクは、たっぷりとオイルをなじませ拭き取ります。
顔全体にオイルとメイクが馴染んだら、泡立てた洗顔フォームで、優しく洗い流します。オイル感が残っていると感じる方は、もう一度洗ってください。椿油は他のオイルと比べ、サラッとした感触なので、あまりベタつき感も残りません。
しっかり洗顔フォームを洗い流した後は、タオルで水滴を拭き取らず、濡れたその状態で、メイク落としと同いじように、椿油を手のひらに乗せ温めてください。椿油を手のひら全体に温めながら広げたら、リンパ流れを意識しながら、顔全体をマッサージ。額のオイルは、頭皮全体、首筋のオイルは、うなじから頭皮までを椿油で、優しく、それでいて指先にはしっかり力を入れオイルマッサージをしてください。顔全体、そして頭皮全体が温まってきたら、オイルマッサージ終了です。
その後、化粧水、美容液と普段使いのスキンケア製品でOKです。
洗顔後、顔から頭皮全体のオイルマッサージが終了するまでは、ほんの1分から2分。濡れた状態に椿油で必要な水分を蓋するので、乾燥はしません。オイルマッサージのあとの化粧水もすっと優しく肌になじんでいきます。
椿油は全身に使用できますので、お風呂上がりの濡れた状態にもなじませてください。カサカサのボディも、しっとりすべすべになります。天然成分の椿油、赤ちゃんの肌にも安心して使ってみてください。

ホームに戻る